ホテルブエナビスタ(松本市)で和太鼓・鳴子、ディスクオルゴールの展示がはじまります

ホテルブエナビスタ(松本市)で和太鼓・鳴子、ディスクオルゴールの展示がはじまります

創業1960年5月、2019年に創立60周年を迎えるフジゲンですが、来年も様々な場所で音楽、楽器を中心としたイベント活動を推進してまいります。

  • ホテルブエナビスタ(松本市)「和太鼓・鳴子の展示 2019年1月7日~2月末日」
  •  〃 「ディスクオルゴールFCO-050展示 2019年1月7日~5月末日(予定)」

来年1月より、松本市のホテルブエナビスタ様において、弊社の和太鼓とディスクオルゴールを展示します。

2000年の辰の年に産声をあげたフジゲンの和太鼓ブランドの龍昇太鼓ですが、大平胴太鼓、長胴太鼓、桶胴太鼓、の三タイプを展示します。

2015年に産声をあげたフジゲンの鳴子は、メイプルの両面鳴子、ウォールナットの両面鳴子、ウォールナットの片面鳴子を展示します。

また、1999年より自社ブランドとして本格的にスタートしたオルゴールブランドのheartfieldですが、代表的なディスクオルゴールFCO-050を展示いたします。

和太鼓の展示は1Fロビー中央(フロント前)、ディスクオルゴールは1F東エレベーターホールに展示される予定です。
ディスクオルゴールにつきましては、期間中、視聴できるよう常時連続演奏の予定です。

この機会に和太鼓やオルゴールをご覧願います。

↓12月26日、ホテルブエナビスタ
「和太鼓、鳴子の展示 2019年1月7日~2月末日」に向けた搬入作業中の和太鼓